HOME>ホットトピックス>本来の業務形態を知らずに利用する人が多くなっている

目次

お店のイメージが変わった

昭和の時代には、町のあちらこちらに点在していたのが質屋です。質屋と言うイメージが大きく変わったのは、店舗の作りが明るくなったことも要因となっていますが、若い女性が高額なブランド品を持ち込み、そのブランド品を高額買取をするお店と言うことになったこともあると考えられます。そのため買取専門店と勘違いをする人も、多くなりました。池袋にある質屋の仕事は、質として預かる物に担保価値をつけ、その価値に対しお金を貸してくれる所が基本になります。消費者金融のように収入証明など必要としませんし、即日融資をしてくれる便利なお店となっています。そのためにも買取店でないと知っておきましょう。

担保価値ないで融資を

池袋にある質屋を利用出来る人には、18歳以上であれば誰もが問題なく利用出来ます。そして融資をしてもらえる金額は、持って来た担保価値によって変わって来ることになります。そのため担保価値以上の金額を貸してくれることはありません。

質流れも視野に

また池袋の質屋にもって来た担保価値のある物は、流失期限と言われる期限までお金を返すことが出来たことで自分の所有物として返って来ます。しかしお金の返済が出来なかった時には、質流れの品となり手元に戻ることはありません、若い女性が持ち込むブランド品は、最初から質流れで良いと考えたものと言って良いでしょう。

広告募集中